Stage

Mido Labo

「リーディングトリップ・シアター」を銘打ち、具体的なセットを使わず、小説の「地の文」と「セリフ」だけで物語を立ち上げていく舞台を目指しています。

「朗読劇」ではなく「小説劇」として、ジャンルにとらわれず、いかに小説を立体化できるか、お客さまのイメージを喚起させる適切な視覚情報を提供できるか、毎回様々なチャレンジをしながら作品を作り上げています。


【ここまでのMido Labo】


vol.1~9 連続朗読ドラマ「紅雲町珈琲屋こよみ」

vol.10 「記憶の底へ…」

vol.11「遺す者 遺された者」

vol.12「優しい植物」

vol.13「アコガレノヒト」

vol.14「サファイア」

vol.15「この夜の中で」

vol.16「マイ ライフ」 *新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止

【Mido Labo HP】

家族草子

SMAP「オリジナルスマイル」「青いイナズマ」などを作詞した森浩美さんが主宰する

「家族草子」という舞台に、創立から参加させていただいています。

椅子に座ったまま読むのではなく、限りなくお芝居に近い動きを取り入れ、

まるでテレビドラマを観るような、新しいリーディングの形を作り出しています。

東京では広尾にある天現寺にて年に2回定期公演を行い、あとは日本全国を巡っています。

【家族草子 HP】

芝居

いろいろな種類のお芝居に出演させていただいています。


2019.11 「ぼくのほんとうの話」IKKAN WORKS

2019.8     「正太くんの青空」ISAO BOOKSTORE   exc...

朗読

朗読公演、また講演会のご依頼を受け付けております。

公演は特にセットも必要なく、椅子ひとつあればどこででも公演は可能です。

読む内容もご相談の上、決めさせていただきますが、森浩美さんの家族小説を読むことが多いです。

父と娘、母と息子など、家族の中でおこる様々な出来事を丁寧に描いた作品で、どなたでも登場人物の誰かに感情移入することができます。

お時間もご依頼に合せますが、通常ひと作品30~40分程度。

ワークショップや講演と合わせてのご依頼も可能です。

内容、お時間などに合わせてご提供いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。